fc2ブログ

She's gone.

Category : 卒塾生

「3時45分の飛行機で行きます」



IMG_4370_R.jpg


昨日、渡米前に挨拶にきれくれたユキさん。

中学の頃からの夢を叶え、異国の地へと旅立っていった。



今頃はきっと雲の上なのだろう。


お父さん、お母さんの想いに心を寄せつつも、映画 銀河鉄道999のなかで老兵が語った言葉に共感した。

 「若いって、いいもんだ。
  どんな小さな希望にも自分の全てを賭ける事が出来るからな
  みんな、わしらのセガレが行くと言うんだ、行かせてやろうじゃないか!」







そしてメーテルの言葉。

「あなた、お幾つ?
 鉄郎は若いわ。
 若者はね、負ける事は、考えないものよ。
 一度や二度しくじっても、最後には勝つと信じてる。
 それが本当の若者よ。
 昔は、そんな若者が大勢いたわ」


 そんな大勢の若者のひとりが私だった。






高校時代の親友が小牧空港までおくってくれた。
(まだセントレアは存在しなかった)


 20140705165411190_0001b_R.jpg



初めての外国、はじめての飛行機にびびりまくっていた。

それでも笑っていられた。


20140705165411190_0001c_R.jpg



20140705165411190_0001d_R.jpg




はるか、はるか先まで続く農場での毎日。

敵は陽が昇り、気温があがると音をたてて東の空からやってきた。

ヴォーンという地鳴りのような音がし、大量のハエが農場にあらわれる。

ハエたちは水分を求めて、働く人間の目や口のまわりにたかった。

最初は何度も手で追い払い戦ったが、すぐに無駄な抵抗はやめた。

20140705165411190_0001_R.jpg

口の中に入らなければ、目の中に入らなければ、気にしなければいいのだ。
アフリカ難民のこどもたちは正しい。





重労働でびりびりにやぶれたTシャツ。

浮浪者のような恰好で農場へ行き、パブへ行き、仲間たちとビールを飲んだ。



当たり前のことだが、パブでは日本の音楽は流れていない。
チープトリックやACDCのMTVが繰り返し画面に映し出されていた。

南半球に北島三郎はいなかった。

20140705165411190_0001a_R.jpg

さぶちゃんは、寒くつめたい北の海が似合うのだ。






イスラエル人のルーベンと過ごしたマイホーム。

今だったら絶対に眠ることができないだろう。


20140705165411190_0001e_R.jpg

でも、若かった私はこのテントで熟睡し、下手な英語で語りあい、笑っていた。






「ちょっとだけ不安です」

そう言うゆきさんの顔を見て、若いっていいなと

心の底からそう思った。





スポンサーサイト



プロフィール

tarugaku

Author:tarugaku
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
21位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
学校・教育
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
塾・予備校
21位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR